低コストで体内からキレイになるために!ヨーグルト活用法


ヨーグルト
体内からきれいになる」という美容方法の代表格はダイエットですが、ここ数年は「無理な食事制限をしないダイエット」として、体に優しい方法が提案されています。
特にデトックスは人気度も注目度も高いダイエット方法で、健康食品やサプリメントなどがたくさん開発され、販売されています。
実は、健康食品やサプリメントに頼らなくても「体内からきれいになる」を叶える方法があるのです。

ヨーグルトがダイエットに選ばれる理由

納豆やヨーグルトなどの発酵食品が体に良いということは、以前から有名な話です。
食品そのものにアミノ酸によるうまみが増しておいしくなることから、独特なにおいを持ちながらも摂取しやすいために人気です。
また、高い栄養価が含まれていることからも、シンプルな食事メニューに選ばれやすくなっています。
特筆すべきは、腸内環境を整えるということにあります
発酵食品に含まれる「有用菌」と呼ばれる細菌は、腸内の善玉菌を助けて、超の機能の活性化と浄化を促します。
発酵食品の持つ独特のにおいに抵抗を感じる方でも、「ヨーグルトであれば問題ない」ということで、フルーツやゆでた野菜にあえるなどの工夫を用いてダイエットを行う人も多いものです

 

実はヨーグルトの摂取時間は夜が勝負

ところで、ヨーグルトと言えば朝食の定番というイメージがありますが、ダイエット目的で摂取するために効果的な時間帯をご存知でしょうか。
それは、夜になります。
特に夜10時頃が最適とされています。
これは、腸の活動が夜10時から深夜2時にかけて最も活動的になるためです。
この時間帯に、腸内環境を整える有用菌を持ったヨーグルトを摂取することにより、腸内の善玉菌が働きやすくなります。
そのため、翌朝お腹の中をスッキリさせることになり、快適な一日のスタートを切れるようになります。
いわゆる新陳代謝の力が向上するため、体内全体のデトックスの促進にもつながります

このように、身近な食品ひとつでも、摂取する時間を工夫することで、低コストでのダイエットが実現できるのです。
「ついつい、夜寝る前に小腹が減ったので、お菓子を食べてしまう」という方は、是非ヨーグルトを夜10時頃に食べてみましょう。
小腹も満たされ、体内からきれいになれるという一石二鳥を手に入れることができます。

体の外側もキレイに!医療脱毛で素肌美人【フレイアクリニック】話題の理由とは?