効率的な筋トレのやり方について


効率よく筋トレ
今回私は効率的な筋トレ方法について紹介して行きたいと思います。筋トレをするにも、いつどのタイミングでどのくらいの負荷をかければ良いのかわからない方は多いのではないでしょうか。

今回は大きく分けて、超回復、体幹と負荷トレーニングの違い、筋トレ後のプロテインの摂取について説明して行きます。まず初めに超回復について説明して行きます。超回復とは、筋トレ後に約24~48時間の休息をとることによって起こる現象で、休息の間に筋肉の総量がトレーニング前よりも増加することをいいます。

負荷のかけ方や筋肉の大きさや部位にもよりますが、一般的に上半身で24時間、下半身で48時間開けて行うのが理想といえます。この超回復を無視して筋トレを行なってしまうと筋肉が修復する前にまた筋肉にダメージを与えてしまうため、返って細い筋肉になってしまい逆効果になってしまいます。

つまり負荷をかけてトレーニングをする場合、必ず24〜48時間空けた方が良いということになります。またの時効率的に筋トレをやるためには筋肉の大きい部位(広背筋や胸筋など)から負荷をかけていくことがポイントになります。

なぜかというと、小さな筋肉から負荷をかけてしまうと大きな筋肉を鍛えたいと思った時、個々の小さな筋肉が疲労してしまい、大きな筋肉を鍛える時に力が出なくなってしまうからです。

一方体幹トレーニングは超回復のことは考えずに毎日やった方が効果的です。体幹トレーニングでの腹筋や背筋への負荷は負荷トレーニングの比べてはるかに小さいため超回復を考える必要はありません。

加えて体幹トレーニングは負荷トレーニングの前に行うようにしましょう。体幹トレーニングを最初にすることで筋肉が刺激され良い緊張感を持ったまま負荷トレーニングに入ることができるので怪我のリスクも抑えることができます。いわゆるアップのようなものをイメージしてください。

体幹トレーニングは筋肉をつけるという効果以外にも関節と関節の可動域を広げたり筋肉を動かしやすくする効果もあるため筋トレをメインとしない方でも効果があるといえます。最後に筋トレ後のプロテインの摂取について説明します。プロテインを摂取するのは必ず筋トレ後30分以内に飲むようにしましょう。

またプロテインの種類はホエイプロテインを選ぶようにしましょう。以上の超回復、体幹と負荷トレーニングの違い、プロテインの摂取するタイミングを意識して筋トレをすることで確実に効率の良い筋トレをすることが可能になります。

プロテインよりも人気のあるサプリメント特集→筋肉サプリメント比較